お電話 お問合せ MAP

相続に関する悩み

相続税の申告期限まで時間がない

相続が発生してから相続税の申告期限までは10ヶ月以内と法律によって決まっています。しかも申告と同時に納税も現金で一括納付を行わなければなりません。10ヶ月の申告期限を過ぎてしまうと延滞税加算税といった本来負担する必要のない税金や、相続税の特例が使えないといった不利益を被ることになります。

しかし、資料収集や遺産分割に時間がかかったり、そもそも相続税の申告は必要ないと思っていたけど税務署からのお尋ねにより申告が必要だとわかった場合も少なくありません。
とはいえ、申告期限まで1ヶ月を切った場合なども考えられますので応急措置として下記の2つは必ず行って下さい。

1.申告期限までにとりあえずの申告と納税を済ませておく
2.申告期限までに「申告期限後3年以内の分割見込書」を提出しておく

この2つを行っておくと申告期限後でも相続税の特例や追徴課税が免れる可能性があります。
しかし、申告期限までに提出をしたからといって安心してはいけません。提出後に次は税金を取り戻すための「更正の請求」という手続きを取る必要がありますので、その際には相続税専門の税理士にご依頼下さい。

福岡相続ステーションTOPに戻る

相続税に強く、
トータルサポートが可能な
福岡相続ステーションへ
まずは無料相談を!

電話:092-517-3505

092-517-3505

【受付時間】9:00〜21:00
 ※⼟⽇も対応可能です。

福岡相続ステーション

お問い合わせフォームはこちら