お電話 お問合せ MAP

相続に関する悩み

相続が発生したが何から手を付けていいのかわからない

人生の中で相続を経験することはほとんどの方が1度や2度しかありません。それでも相続の手続きは非常に煩雑でかつ時間のかかる重労働のようなものなのです。特に現役で働かれている相続人の方は会社を休みながら市役所、銀行などで資料の収集を行わなければならず、本業に支障をきたすことになります。
福岡相続ステーションでは、そのようなお悩みに対応できるように、資料の収集の代行から行っておりますので相続人様の時間と手間を省くお手伝いをさせて頂いております。

《相続税申告までのスケジュール》

01.遺言の有無の確認

遺言があるか確認し、自筆の場合は裁判所の検認が必要となります。

02.相続人の確定

故人の生まれてからお亡くなりなるまでの戸籍と相続人の戸籍の収集を行い、相続人の確定を行います。

03.相続財産と債務の調査

相続財産と債務にもれがないように、故人の通帳や不動産の名寄帳を取り寄せ調査を行います。

04.相続放棄と限定承認の選択(3ヶ月以内)

おおまかな財産と債務が把握できたあとはそれを相続するのか、放棄するのかの意思決定を行います。

05.所得税の準確定申告(4ヶ月以内)

年金以外に不動産所得など、生前に確定申告をされていた方はその年分の確定申告を行う必要があります。

06.相続財産・債務の確定、評価

さらに財産と債務を精査していき、それを相続税の評価額に直して相続税がかかるか否かの判断を行います。

07.遺産分割協議

遺言がない場合など誰に財産が帰属するか不明瞭な場合は相続人間で遺産分割協議を行います。財産の分け方によって相続税額が大きく変わることになりますの最大限の注意が必要です。

08.相続税申告書の提出及び相続税の納付(10ヶ月以内)

最後に相続税の申告書を作成して税務署に提出を行います。その際に納付も現金で一括納付となります。

福岡相続ステーションTOPに戻る

相続税に強く、
トータルサポートが可能な
福岡相続ステーションへ
まずは無料相談を!

電話:092-517-3505

092-517-3505

【受付時間】9:00〜21:00
 ※⼟⽇も対応可能です。

福岡相続ステーション

お問い合わせフォームはこちら